興味のあるものならなんでも書いちゃう日記です。たまに趣味で作成しているDVDジャケット&レーベルの作品も載せています。
ライブビューイング「髑髏城の七人 Season風」
2017年10月09日 (月) | 編集 |
1009-1 1009-2
「髑髏城の七人 Season風/
 劇団☆新感線 ONWARD presents 」

(作)中島かずき (演出)いのうえひでのり
(出演)松山ケンイチ 向井理 田中麗奈 生瀬勝久
    橋本じゅん 山内圭哉 岸井ゆきの 他


5日ライブビューイングで観てきました。

東京で鳥観たのがだいぶ昔のようやわ。

Season風は1人2役なのもそうだけど、
全体的に最初の方の髑髏城に近い感じがした。
それだからかついつい観ながら昔と比べてしまう。
花は最初だったし、鳥はだいぶ変わってたんで普通に観れたけど。
これは次の月も大変そう。


捨之介と天魔王の一人二役はやっぱしっくりくるなあ。
同じ顔だから影武者も仲間が翻弄されるのも分かるし。
松ケンさんの演じわけも良かった。

風捨之介の殺陣は結構アクロバティックで
凄かった。
早変わりも良かった。

向井さんの蘭兵衛は綺麗だったけど
もっと色気と危うさがほしかったかな。

初新感線の生瀬さんと準劇団員(笑)の山内さんは
安定の面白さでした。
カッコよくてお茶目な兵庫もなかなかいい。

風の贋鉄斎はどうなるのかと思ったら
キリシタンで男好きていうとんでもない事に(^.^)
じゅんさん面白かった~
「えーと今はエルだっけ?」てとこがツボやったわ。

それにしてもどの髑髏観ても
無界の里で皆殺しになるシーンは凄い迫力だし泣いちゃう。


次の月のライブビューイングは上弦と下弦
両方やってほしいな。
舞台弱ペダにハマってた私的には下弦の月の
拡樹君と智紀君がめっちゃ楽しみなんですけど~
まさか新感線に出るなんてビックリやわ。
観劇「髑髏城の七人 Season鳥/劇団☆新感線 ONWARD presents 」
2017年07月27日 (木) | 編集 |
0727-1

「髑髏城の七人 Season鳥/
 劇団☆新感線 ONWARD presents 」

(作)中島かずき (演出)いのうえひでのり
(出演)阿部サダヲ 森山未來 早乙女太一 
    松雪泰子 粟根まこと 福田転球 少路勇介
    清水葉月 梶原善 池田成志 他
(会場)IHIステージアラウンド東京


0727-2 0727-3
髑髏城を1年間通して上演すると分かった時から
絶対行きたいと思ってた所に鳥で阿部さんが出ると分かって
これに決めて東京まで遠征してきました。

そしてついに20日360℃回転劇場を体感。
花のライブビューイング観た時に凄いなあて思ってたけど
実際体感するとほんとにアトラクションに乗ってる感じ。
前に映し出されてる映像が奥に向かったり上下に動いてると
まるで自分の体まで動いてる感じがするし
結構酔いそうになる。
これ凄いな~

6列目のセンターで観てたんですが、
結構舞台前の方まで来てくれるので
顔の表情まで見れました。


鳥は今までの髑髏城とガラッと変わってましたね。
話の筋やセリフは同じだけど
演出や演じてる役者の違いでこんなに変わるんですね~

今回は歌あり踊りあり笑いあり涙ありの
いつもの新感線。しっくりくる。
やっぱ間に歌が入ると盛り上がるし
より話にのめり込める。

ネタバレなのでつづきはこちらから
[READ MORE...]
ライブビューイング「髑髏城の七人 Season花」
2017年05月17日 (水) | 編集 |
0517-3 0517-4
「髑髏城の七人 Season花/
 劇団☆新感線 ONWARD presents 」

(作)中島かずき (演出)いのうえひでのり
(出演)小栗旬  山本耕史 成河 りょう 青木崇高
    清野菜名 近藤芳正 古田新太 他


15日に新感線初の「髑髏城の七人-Season花-」
ライブビューイング行ってきました。
ゲキシネよりも値段が高いけど、今上演してる髑髏城
観たかったんでやってくれて嬉しい~

「髑髏城の七人」は90年の初演
(古田さんが20代の時に捨之介やってた時)から
再演を繰り返す毎にバージョンアップしてる所を観てきてたけど、
今回の日本初の360°シアターでの髑髏城がまさしく最終形態て感じでした。

新感線の舞台はセットチェンジが多くて
その分暗転も多かったので結構集中力がとぎれたりした事もあったけど
(ここ何年かはセット自体が回って暗転少なくなってきた)
今回の劇場は暗転が一切ないから集中できるし、
壁幕に3Dマッピングが投影されてて歩いたり走ったりすると
景色が動くからスピード感でるし、
まるでセットの中に自分達も入ってる感覚が味わえて素晴らしかった。


※ネタバレなので続きはこちら
[READ MORE...]
観劇「裸の王様/KAJALLA」
2017年04月17日 (月) | 編集 |
0417



「裸の王様/KAJALLA-カジャラ-」
(作・演出)小林賢太郎
(出演)久ヶ沢徹 竹井亮介 菅原永二
    辻本耕志 小林賢太郎
(会場)サンケイホールブリーゼ

15日に小林さん作・演出のコントユニットカジャラの
第2回公演に行ってきました。

今回はサラリーマンのコントが多かったですね。

私が面白かったのは
◆理不尽マッチ リヒュージン(笑)
 フリからの理不尽な言葉返しが面白かった。
 出場者の番宣挟んでたり細かい~

◆「丘を超え行こうよ」「いいよ~俺はいいよ~」の歌と
 「行けよ!」のツッコミが続くのが笑える。

◆バニーガード
 小林さんと久ヶ沢さんの親子と助手の対決が
 めっちゃ笑いました。
 小林さんのバニーちゃん姿出て来た瞬間
 客席がめっちゃ盛り上がってましたね。
 これラーメンズのバニー部待ってましたて事?大吟醸だし。

アンケート書けなかったんでここで書こう
「俺ランド」にあるものは劇場かな。
好きな役者さん揃えて一番良い席で思いっきり笑わせてほしい~


ほんとは片桐さんも出て欲しかったな~
次の公演を期待して待ってよう。
観劇「陥没」
2017年03月09日 (木) | 編集 |
0309

「陥没」
シアターコクーン・オンレパートリー2017+キューブ20th,2017
(作・演出)ケラリーノ・サンドロヴィッチ
(出演)井上芳雄 小池栄子 瀬戸康史 松岡茉優
    山西惇 犬山イヌコ 山内圭哉 近藤公園 趣里
    緒川たまき 山崎一 高橋惠子 生瀬勝久
(会場)森ノ宮ピロティホール

4日に観に行ってきました。

東京オリンピックのを目前にオリンピックに翻弄される
人々の群像劇。

ホテルの内装セットが豪華!
バックの木と葉のライトアップが綺麗で
オープニングも凝ってて素敵。

ケラさん脚本独特の個性的な人達が入り乱れて
段々論点がズレていく会話が絶妙で面白くて、
ラスト近くのドタバタもめっちゃ笑っちゃいました。
惚れ薬のくだりがいい感じにスパイスになってた(^。^)

登場人物皆が魅力的で、演じてる役者さん達も凄く良かったです。
生瀬さんの最後の情けなくなる所絶妙だし、
犬山さんも安定の面白さだし。

特に山内さんと瀬戸君が私的にはツボでした。
何役もやる山内さんのどのキャラも笑ったし、
瀬戸君はおいしい役でしたよね。可愛くてピッタリでした。
峯村さんと三宅さんの神様親子もあじがあったなあ~
ライブビューイング「舞台 ノラガミ-神と絆-」
2017年03月02日 (木) | 編集 |
0302-3




「舞台 ノラガミ-神と絆-」
(演出・脚本)伊勢直弘
(出演)鈴木拡樹 植田圭輔 長谷川かすみ 安藤彩華
    和田琢磨 糸原美波 友常勇気 和泉宗兵 他

26日に大千秋楽のライブビューイング観に行きました。

前回は梅田や難波の映画館でもやってたけど、
今回は遠いとこしかしてなくてエキスポシティの映画館に。
初めて入ったけど椅子周り広いし座り心地いいし快適な映画館。

お話は完全オリジナルで「神と絆」て言うタイトルの通り
神と神器との絆が前面に出てました。
夜トと雪音の絆も今回より強くなってました。
ぶつかりながらも認め合うこの2人のやりとりが好き。

毘沙門と兆麻は安定の2人でした。
兆麻の振り回されぷり面白かったな~
「ヴィーナのやわ肌は俺が護る!!」(^.^)

小福と大黒のラブラブぷりが可愛い。
漫画にはあまりない大黒のアクションシーンが結構ありましたね。

そしてなんと言ってもオリジナルキャラの
敢御と颯丸良かったな。
「争いごとを願う人の思い」から生まれてきた神だけど
敢御もその神器達も悪だけじゃない優しさがあったり。
最期縁を断ち切られる前後のやりとりが涙でした。
敢御を演じた中村さんがアクションもキレあるしめっちゃ良かった。


次があるとしたら(あるやろうなあ)
今度は前面コメディでも面白いかも。
漫画についてたアニメDVDみたいな感じの。


終わった後映画館から外出たら
観覧車のライトアップが綺麗だったので写真撮ってみた
下がシースルーの観覧車乗ってみたいな。
0302-4

観劇 大パルコ人3 ステキロックオペラ「サンバイザー兄弟」
2016年12月17日 (土) | 編集 |
1217-1 1217-2 1217-3
大パルコ人3 ステキロックオペラ
「サンバイザー兄弟」
(作・演出)宮藤官九郎 (音楽)上原子友康(怒髪天)
(出演)瑛太 増子直純(怒髪天) 三宅弘城、皆川猿時
   清野菜名 少路勇介 よーかいくん 篠原悠伸
   上川周作 宮藤官九郎 りょう
(会場)森ノ宮ピロティホール

先週夜公演観てきました。

サンバイザーは兄
1217-4
組み立てて下さいて書いてあったけど、
結局使うのは最後の方でしたね。

全然関係ないけど、おそ兄推しとしては
赤色で兄って入ってるのは結構テンション上がる(^.^)

クドカン作・演出なんで
笑った後に何も残らない話だろうなあて思ってたけど、
話めちゃくちゃだし笑ったしやっぱりそうでした(^・^)

瑛太さんはちゃけてましたね~
なかなかテレビでは見られないから貴重。
初っ端から客いじりさせられたり、
上半身裸で歌ったり大変~

皆川さんはあいかわらずキャラ祭りだったし、
てっぱんの風俗嬢をホテルに呼んだ話もしてたし。
グループ魂のライブの時も言ってたよねこれ。
三宅さんはバカな役やらしたら一番だし。
ドラム叩く姿も見られて良かったわ。
皆川さんとのキスシーン毎回毎回大変そう^_^;

歌も良かった~
生バンドでライブ感あるし。
怒髪天の増子さんの歌声好きやわ。
性転換後(笑)の「愛のおとしまえ」の歌はめっさうまくて
聞き惚れる(*^_^*)
瑛太さんも結構歌うまいし、りょうさんも良かった。

2幕目の初めに三宅さんが客いじりしてて、
なんで片桐さんの名前が?て思ってたら
東京で実際見に来てたんですねえ。


これで今年の観劇納めです。
最後がこれって(^.^)
あ~でも毎年最後の芝居ってこんな感じのが多かったかも。
笑い納めって感じですね。
年初めの観劇は3月。まだまだ先だ。