FC2ブログ
興味のあるものならなんでも書いちゃう日記です。たまに趣味で作成しているDVDジャケット&レーベルの作品も載せています。
「劇場版 夏目友人帳~うつせみに結ぶ~」舞台挨拶
2018年10月08日 (月) | 編集 |
1008-1





監督:大森貴弘 脚本:村井さだゆき 原作:緑川ゆき
声の出演:神谷浩史 井上和彦 小林早苗
     堀江一眞 島本須美 高良健吾 他

梅田ブルク7での舞台挨拶に行ってきました。
1008-2 1008-4

エレベーターの扉が夏目一色になってる~
1008-3

登壇者は井上和彦さんと堀江一眞さん。
ニャンコ先生の生声が聞けて嬉しい(#^.^#)
2人のやりとりが面白かったな~
堀江さんが話に納得しちゃって井上さんにフォローしなくて
めっちゃツッコまれてた。
井上さん今回アフレコが皆は1回でとり終わるけど、
トリプルニャンコは3回とってて
テストを含めて9回とって大変だったて言ってました。
「ギャランティは1人分」(^.^)

映画は夏目友人帳らしい
切なくて優しくて心が温かくなるお話でした。

主要メンバーは人間も妖怪も勢ぞろいしてるし、
貴志の幼少期や礼子が生きてた頃や
ニャンコ先生との出会いも入ってるので
夏目友人帳初見の人でも分かる内容になってました。

人間と妖怪の「記憶」が絡みあって
忘れたり忘れられるのは切なくて悲しい事だなあて思ったり。
ニャンコ先生が分裂して喋れなくなった時の
夏目が凄い悲しげな所が印象的。
津村親子の一時の絆も泣ける。

ニャンコ先生が3匹になって走り回るのがめっちゃ可愛い~
1匹欲しい~
舞台挨拶で井上さんが3匹のぬいぐるみを重ねて持っていて
この形も実は意味があるて言ってたのが映画見て納得。

映画終わった後2人がサインしてるポスターが
張り出してたので写真とってきました。
凄い人並んでた。
1008-5

拍手ありがとうございます<(_ _)>