FC2ブログ
興味のあるものならなんでも書いちゃうブログです。たまに趣味で作成しているDVDレーベルの作品も載せています。
| Login |
2012年12月10日 (月) | 編集 |
こんな記事見つけました。

シネマトゥディ映画ニュース
「洋画の日本語吹き替え版に、本職の声優ではなく、
吹き替え経験の少ないタレントを起用するという最近の風潮に、
映画ファンから怒りの声が上がっている。

これまでの日本語吹き替え版と言えば、
ブルース・ウィリスの声を長年担当し続けた故・野沢那智さんをはじめ、
アーノルド・シュワルツネッガー公認声優の玄田哲章など、
数多くのベテラン声優が、オリジナル版のセリフに込められた
キャラクターの心情を声の演技だけで見事に再現してきた。
そのテクニックは、長年の経験を積んでこその職人技といえる。
ところが近年、主人公や主要キャラクターに、
吹き替え経験の少ないタレントの起用が増加し、
吹き替え版を愛する映画ファンの怒りを買っている。」

以下全記事はこちら→シネマトゥディ

この記事に激しく同意!
ディズニー映画しかり、宮崎アニメしかり
すっかり話題つくりの為に芸能人が声優やってて
いくら映像が見事でも一気に観る気なくすんだよねえ~
だいたいTV役者の演技と
声だけで表現する声優の演技は全然別物だし。

拍手ありがとうございます<(_ _)>

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック