FC2ブログ
興味のあるものならなんでも書いちゃう日記です。たまに趣味で作成しているDVDジャケット&レーベルの作品も載せています。
ライブビューイング「修羅天魔~髑髏城の七人Season極~/劇団☆新感線」
2018年04月14日 (土) | 編集 |
0414

「修羅天魔~髑髏城の七人Season極~/
 劇団☆新感線 ONWARD presents 」

(作)中島かずき (演出)いのうえひでのり
(出演)天海祐希 古田新太 福士誠治 竜星涼
    清水くるみ 三宅弘城 山本亨 梶原善

12日に観てきました。

大まかな流れはいつもの髑髏城なんですが、
極楽太夫と天魔王の話になってて
特に後半部分は結構違ってたんで新作と言ってもいい内容。
凄い楽しめました。

極楽太夫は前回の髑髏に出てた
捨之介と蘭兵衛と極楽太夫をたしたような感じでしたね。
女としてのもろい部分と男の用な芯の通った強い部分が
あって、この難しい役を完璧にこなした天海さんは
やっぱ凄いな~て
つうか天海姐さんカッコイイ~

特に休憩前の髑髏城に1人向かって行くシーンや
最後の「三途の川に捨ての介」て言うシーン
グッときました。

今まで弱い部分も見せてた天魔王が多かったけど
今回は非道で悪に徹してる天魔王で
これまた演じる古田さんが迫力あって良い。

今回の甲冑関係の衣装デザインが竹田団吾さんで
劇中歌はデーモン閣下と家入レオさんていう豪華さ。
団吾さんて昔のスサノオとかを思い出して懐かしい~
天魔王の衣装とかカッコイイし。

※ここからはネタバレ
新感線初参加の夢三郎の竜星さん
味方なのかと思わせての裏切り行為
一番ふり幅のある役柄を演じきってて良かった。
特に兵庫との一騎打ちは迫力ありました。

カンテツの三宅さん笑ったわ~
ちょっとぬけてる役やらしたら三宅さん一番やわ。

今回極楽太夫が刀じゃなくて銃だったから
百人斬りの所はどうなるのかと思ってたら
7人皆で闘ってて仲間との絆が今までの髑髏の中で
一番強い感じがしました。

エンドロールの天魔王を倒した後太夫が涙しながら歩いてる
横を走馬灯の様に楽しかった頃の場面が通り過ぎるシーン
が感動的。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック